Toshihiko Shiokawa, Tokyo-based jazz guitarist
東京、関東圏を中心に活動するジャズギタリスト 塩川俊彦が演奏スケジュールなどを更新しております
DATE: 2005/05/15(日)   CATEGORY: 日記
こりゃすごい
ひょんなことからジャンゴラインハルトの映像を観ました。
伝説のギタリスト、ですな。
音楽性と彼の佇まいがもうすご過ぎです。
お洒落でカッコよくてワルそうなんだけど繊細で、余裕な顔して超絶フレーズをすごいグルーブ感で弾いてます。
スケールがでかいんだな、音楽の。
なんの迷いもなく(少なくともそう見える)演奏する姿が観ててめちゃくちゃ気持ちいいです。
音楽的に自分の悩んでることなんてちっちぇ~な~とさえ思えてくるな、ほんと。
ちなみに火傷を負ったと言われる左手ですが、確かに火傷の跡があり、そして単音のフレーズに関してはほぼ人差し指と中指の2本だけで弾いてます。
絶対に2本指ではありえない運指のフレーズだと思ってたけど、それを確かにやってました。
でもそんな事さえどうでもいいと思っちゃう感じなのよ。
もうただひたすらにカッコ良いです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2005/05/01(日)   CATEGORY: 日記
4/29は阿佐ヶ谷バルトで「黒船レディと銀星楽団」でライブ。
阿佐ヶ谷の南口の商店街から東側へちょっと入ったところにあるお店です。
真夏のような日でしたね。
ひなびた感じの商店街に徐々に明かりが点き始め、昭和の映画のセットのような雰囲気で。
リハが終わり、マスターが控え室として用意してくださった2階の部屋で一休み。
畳の部屋は最高です、やっぱり。
夏休みに実家の居間で寝転んでる様な感覚になりました。
ライブは満員御礼!
それほど広くない店内、かなりの至近距離での演奏です。
やや緊張しつつもとてもよい空間で演奏できました。
演奏後のベルギービールが旨くてもうたまらんです。
自分と同じ小諸市出身の方とお逢いできたというのもあり、郷愁を感じた夜でした。

昨日はうちの近くにあるバー、やかたでギターの寺屋ナオ君とデュオ。
自分があんまり喋らないってのもあるんだけど、僕の200倍くらいよく喋る彼の演奏は喋りとあまりにそのまんまで。
嘘のつけない性格なのね♪
喋り方とか立ち振る舞いとかってほんとに演奏にそのまんま顕れるものです。
こう演奏したい!っていう理想なりなんなりは常にあるんだけど、そういうのに捉われすぎないで、その場その場で柔軟に表現するのが気持ちよかったりするんだけど、そればっかりだとアイデンティティが確立されないままなんじゃないかと思ったりして、いや、それは相反するものではないはずで...ぅぎゃぁ~。
というわけで今から練習します。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © Toshihiko Shiokawa, Tokyo-based jazz guitarist. all rights reserved. ページの先頭へ