Toshihiko Shiokawa, Tokyo-based jazz guitarist
東京、関東圏を中心に活動するジャズギタリスト 塩川俊彦が演奏スケジュールなどを更新しております
DATE: 2005/12/31(土)   CATEGORY: 未分類
〆です
今日(30日)は逗子の‘黒門酒処‘にて演奏。
今年の仕事納めです。
いつもパパさん、ママさんがほんとに暖かく迎えてくれます。
カレーごちそうさまでした!

リーダーは玉木勝(ベース)、ビブラフォンは臼井麻意子。
いつもと立ち位置を変えたらなんか音が溶けずにキモチ悪いんで、試行錯誤していたら全員が全員の音を自然に聴ける(僕だけかも??)いい位置を発見。
いつも当たり前に同じ位置で演奏するシチュエーションもあるけど、こういうの大事だなと思いました。
1ステージ目はちょっと堅かったかな~。
2ndは良い感じになりました。
自分の役割を踏まえた上で全体のサウンドのバランスが自然に取れた、というか。
しかし自分譜面が全然強くなんないです。
今年の目標だったけど来年も引き続きがんばろう。

今年もいろんな人にお世話になりました。
来年もどうぞ宜しく!!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2005/12/19(月)   CATEGORY: 未分類
先週の話ですが
David Sanbornのライブを観にブルーノート東京へ行って来ました。
実はあんまりちゃんと聴いた事なかったんだけど、やはり素晴らしかった(!)
いろんなところで流れているし何度となくあの音色は耳にしてるけど、生で聴くとほんとすごい。
破裂するような音色というか、めちゃくちゃ気持ちイイです。
すこーん!と脳天の上空5000mぐらいまで突き抜けていく感じ(意味不明)。
勇気づけられる音です。
事前に最近のアルバム(『Closer』)を購入して予習。
この中からも数曲演奏してました。
今回来日したメンバーはアルバムとは違うけど、すでにヨーロッパツアーもしてきた後だそうなのでバンドも良かったです。
Don Alias(per)とTerreon Gully(ds)のコンビネーションがばっちりだったなぁ...
良いパワーをまた貰いました。
自分も人にパワーを与えられてるといいんだけどなー。
ガンバロウ。


page top
DATE: 2005/12/09(金)   CATEGORY: 日記
東京ガール
急須でお茶を入れてたらフタが茶碗に落下。
なぜか、そうだ日記書こう、という気分になりました。
東京ガール@Star Pine`s Cafe お越しくださった皆さんどうもありがとう。
かなり楽しかったです。
初披露の新曲もリハでやったよりも本番が一番集中して演奏できたし。
どのバンドも素晴らしかったけど、ジルジャーニーはほんと良いバンドだなーとあらためて思いました。
音楽的なリーダーが存在していない様に聴こえるのに全員リーダーのような、すごいバランスだなーと。
あんな感じをジャズのコンボの演奏にも取り入れられたらいいのになと思います。
全員の音がちゃんと聴こえてくる感じ。
やっぱバンドだな、固定メンバーの。
毎回思うけど「対バン」てすごく良い刺激をもらえます。
当日の衣装に懸案のアスコットタイを導入。
見た目そんなに変わらないんだけど、当人としてはそれだけでモチベーション上がります。
大事だよね、そういうの。うん。
銀星楽団的にはまた課題がいろいろ見えてきました。
やっぱアンサンブルとアレンジかな?
より深く探求したい感じ、でっす。



[ TB*0 | CO*1 ] page top
Copyright © Toshihiko Shiokawa, Tokyo-based jazz guitarist. all rights reserved. ページの先頭へ